お問い合せ
マイアカウントカートを見る

【注意】古い照明に対してのご注意点

古い照明に対してのご注意点です。
お使いの照明、いかがでしょうか。
ご確認くださいませ。
 
 

1. アンティーク照明器具のうち、電気コード、電球ソケット、スイッチなど重要な電気部品が新しい物に交換されていない事例が見受けられます。

 

コード、ソケット、スイッチなど樹脂を使用し、絶縁を確保している部品には、部品の劣化による短絡(ショート)を防ぐために、部品に応じた使用期限があり、概ね10年を目安に新しい部品と交換する必要があります。

 
 

2. 樹脂製部品の劣化によるショートは、感電や異常発熱など、使用者への直接的な危険の原因となります。
 

特に異常発熱は、不具合箇所の状態により徐々に進行することがあり、建物内の配線状況によっては、漏電遮断機などにも探知されず、火災の原因となり得ます。

 
 

3. ソケット内部やコードの接続端子として使用されて金属製部品についても、錆びが発生するなどして確実な導通が行われていない場合、その箇所を原因として、異常な発熱が起こる事があります。

 

金属製部品についても、目視による状態の確認だけでなく、テスターなどの検査器具を使用して導通検査を定期的に行った方が良いでしょう。

 
 

お手持ちの照明について、上記についてご心配ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

 
 

お電話(090-3573-0323 担当:仲山)
 
または、お問い合わせフォームからどうぞ。

FacebookTwitterInstagram