お問い合せ
マイアカウントカートを見る
YESTERDAY WAS DRAMATIC, TODAY IS OK.
The Moonスタッフよりオススメのインテリアや日々のあれこれ

西洋骨董*買い付け*見聞録*11 -【番外編 コーヒーブレイク】

【今回は、いつも更新している「西洋骨董・買付・見聞録」の番外編です。】

 
今回は、コーヒーブレイクタイムとして国内の骨董市に出店したときの国内版見聞録とします。西洋骨董・買付・見聞録に関しては、話が尽きることが無くかなり長丁場となりそうですので、ぽつぽつとコーヒーブレイクやらハッピーアワーを入れていこうと思います。
 
私は、月に1~2度ぐらいのペースで骨董市やら蚤の市などに出店しております。
但し、その様な市に出店しだしてまだ3年位と経験の浅い新参者でもあります。
私は同じアンティークディーラーと言っても、骨董市などに頻繁に出ている 骨董業者の方々 と少し違ったスタンスで仕事をしていました。
どう違うかというと、アンティークをあくまでもインテリア・雑貨の中の アンティーク との位置付けで売買していたわけです。
インテリア・雑貨の流行りに合わせて行く、もしくは流行を創るのが私の仕事でした。
ですから骨董市に出るよりインテリア・雑貨の展示会に出展して全国のインテリアショップや雑貨屋さんに卸売りをしていましたし、ショップでも一般の方々に交じり、多くの同業者やインテリアショップバイヤーなどが仕入れに来ていました。
現在は今まで私が主戦場としてきたスタイルから離れ、私が目指す本来のアンティークディーラーになるべく修行中といったところです。
どちらのスタイルが良いとかではなく、対象とする顧客の違いであり、カッコつけた言い方をすればマーケティングの違いでしかありません。
何故、マーケティングなどとカタカナが出てくるかと申しますと、今回の国内版見聞録に深いかかわりがあるからなのです。
 
私は、前述の通り 骨董市 において新参者ではありますが、骨董市・蚤の市がだ~い好きなのです。理由は簡単。骨董市こそ 骨董オタクの聖地 。売り手も買い手も強者揃いであり、私にとって出店料は 聖地への入場料にほかなりりません。
あれは、1年数ヶ月位前と記憶しています。都内のある骨董市で、とてつもない強者先輩にお会いしたときの話です。(実話)
 
その日、私の売り上げはいつも通り 可もなく不可もなし と問題ない上に多くの強者共と火花を散らすことに満足しながら、近くのコンビニまで行くべく、会場内を歩いていたところ、一人の大先輩(70代)が多くの手裏剣を店先にならべているのを見かけた。
年齢・風貌・温和な表情の奥に光る眼光、全てにおいて 強者 を体現した様な先輩であった。新参者である私は、面識のない大先輩に対して非礼無き様、手裏剣 拝見しても宜しいでしょうか?と声をかけてみた。おお。と先輩。ありがとうございます。私。
そこには、時代劇で忍者が使っている様な各種の手裏剣と刀に付ける短刀型の物が全部で30点位はあったと記憶している。
 
 
凄いですね。全部当時の物ですよね。
 
いやいや これだけは現代物なんだよ。
 
あっそうですか。それにしても沢山お持ちですね。いつもこんなに沢山出してられるんですか? と私。
 
いつもは、こんなに持ってきてねーよ。今日は特別なんだよ。 先輩。
 
お得意が来られるんですか。
 
う~ん。ほら。今日さ。ここで 古武道の大会 あるだろ。
と先輩がイベント会場を指差した。
古武道の大会を見に来る外人さんも多いと予想されるでしょ。ほら。そういう人たち
忍者とか侍とか好きじゃない。ね。
 
あ~。そうですよね。そうだ。そうだ。
 
流石の先輩も 強者 の表情を崩して にやり。
 
 
ありがとうございました。勉強になりました。
とお礼を言ってからコンビニ方面に歩きながら 流石は先輩だ、情報収集・分析・対処
完璧なマーケティングだ。それに比べて、俺はどうだ。強者共に押されてるじゃないか・・・
・・・・・・・・。と先輩に対する賛辞と自分に対する叱咤を心の声でブツブツと。
 
その時である。私は少し離れた壁に KOBUDOU との文字をみつけた。そこには、大会の告知らしいポスターが貼ってあり、内容を詳しく確認すべく近づいて行った私は、衝撃の事実を知ることとなった。ポスターには本日開催のイベントの告知が。
 
 
ロックバンド KOBUDOU のコンサート 18:00 開場
 
 
夏草や強者共の夢の痕・・・・・・・・・・・・・・・・・・。先輩・・・押忍。

FacebookTwitterInstagram