お問い合せ
マイアカウントカートを見る
YESTERDAY WAS DRAMATIC, TODAY IS OK.
The Moonスタッフよりオススメのインテリアや日々のあれこれ

西洋骨董*買い付け*見聞録*3

やむなく、モスクワ空港唯一 の免税店で待つことにしたが、免税店に戻る途中に
何故? と思わせる光景を目にした。
 
我々が乗る予定の飛行機搭乗口の前に長蛇の列。
ウロチョロしていると 危険 だからかな?と。しばらくの間、安全な免税店で時間をつぶし、搭乗時間になったので搭乗口に行くとすぐに搭乗開始となったのだが、またまた不思議な光景、パスポートチェックを終えた乗客が,皆 飛行機入り口に走って行く。何故?
 
やっと私達の番が来た。パスポートチェック・座席表示のあるチケットを受け取り
飛行機入り口まで歩いていると、私達より後から来る乗客の数人が我先に
と走っていった。意味不明なまま我々が飛行機に乗り込み、そして、指定座席に行くと
すでに人が座っている。座席番号を確認してみたが、やはり間違いない。そこで、
御仁 にチケットを見せていると、またしても関取並みのスチュワーデスが現れ、空いている席を指さす。あそこに座れ・・・!!
これで 何故? が解決。指定座席番号はあくまでも建前。実は自由席なのだ。
快適な前方席 に座ろうと皆並んでいたんだ。初めての海外のK氏 「飛行機って自由席なんっすか???」
 
そしてロンドンまでの3時間の間に 大事件 が起きた。
それは、モスクワの空港ビルでトイレに行きそびれた私が、前方のトイレに行ったときに 起きた。
トイレの使用を示すドアノブあたりにある 青と赤 が 青表示だったため、ドアノブを回したが開かない。もう一度試すがやはりダメ。
近くにいた関取級スチュワーデスにそのことを告げると、先程の機内食で 硬いパン を
切るために出されたナイフを持ってきた(当時はまだ金属のカトラリーが出せれていた)
そして、それをドアの隙間にを差し込み 思い切りこじる・こじる。 次の瞬間、トイレの
ドアが ガタ という音と共に見事に外れた。トイレの中では便器に腰かけた女性が、驚愕 の表情を浮かべ、私と、そして右手にナイフ・左手にドアを持つ仁王立ちの関取を見ていた。
 
1年か2年後 エアロフロート はロンドンヒースロー空港 への乗り入れ禁止となるが
むしろ遅いぐらいではなかったか。(現在は乗り入れている、又、問題も無いようだ)

 

次回へ続く。。

FacebookTwitterInstagram