マイアカウントカートを見る
YESTERDAY WAS DRAMATIC, TODAY IS OK.
The Moonスタッフよりオススメのインテリアや日々のあれこれ

第13回東京蚤の市に出店いたします。5月26日(土)~27日(日)

第13回 東京蚤の市に出店いたします。

 

 

日程:2018年5月26日(土)、27日(日)
時間:26日9:00~18:00、27日9:00~17:00
開催場所:東京オーヴァル京王閣 東京都調布市多摩川4-31-1
(京王線「京王多摩川駅」臨時改札口目の前)
入場料:500円(小学生までは無料)

 

詳細はこちらから。
http://tokyonominoichi.com/2018_spring/

 
 

The Moonとして出店いたします。
ブース101です。
 
ブースの場所は下記ページの会場マップをご参照ください。
http://tokyonominoichi.com/2018_spring/map-schedule
 
アンティーク照明・雑貨・家具の出品や、
オリジナル商品のお買い得品等があります。
 
東京蚤の市は手紙社が企画するイベントで、
入場者数は2日間で35,000人(予想)、
このようなイベントとしては国内最大級です。
 
是非ご来場ください。

 

The Moonのページはこちら!
http://tokyonominoichi.com/2018_spring/exhibitors/the-moon

 

アンティーク照明の修理・加工致します。

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-10-28)】

 

最近の修理実例です。(2019-10-28up)

 

 
A)
before
ご依頼者様が幼少期から日々目にして来た照明2点
10年ほど前に他界されたお母さまが大切にされていた品。
「その頃にはすでに、不点灯になっておりました。。
しかも、紙製のシェードもあちらこちらか損して
アンティークディーラーズクラブの事をネットで知り、問合せしました。
電気系統とシェードの修復をお願いしたい。」
 

 
after
コード・ソケットなどの交換は問題ありませんが、シェードのの修復は出来ません。又、コチラのシェードに使用されている
紙は、すでに生産中止となっています。職人さんと相談して、これに一番近い雰囲気の明かりがともる素材を探し貰い、
ご提案したところ、その素材でのシェード製作のご依頼を頂きました。金具等は、錆が出てはいますが、オリジナルであるため
あえて、使用しました。
修理費用も日数もかかりましたが、大変ご満足していただけました。

 
 
 

 
 
 
B)

 
ガレの照明3点 国内安全規格に適合するパーツに交換。
ガレの4灯シャンデリアも同時にパーツ交換しましたが、コチラは画像が
ありません。

 
 
 

 
 
 
C)
before
ご自宅のリフォームの際に以前から使用していたウォールライトをそのまま使用したい
のですが、現在不点灯。一度、近所の電器屋さんに修理した貰ったが1年位で付かなくなった
との事。

 

 
お預かりして、分解してみたところ、内部パーツが破損してました。コード・ソケットも交換。
その後、現在は点灯しているがコチラもパーツ交換をお願いしますと、他のウォールライト
のですが、現在不点灯。一度、近所の電器屋さんに修理した貰ったが1年位で付かなくなった修理ご依頼も頂きました。
リフォームや新築時に、慣れ久しんだ照明をお使いになられたいとのご要望が増えてきています。

 
 
 

 
 
 


↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

 
 
 

 
 
 

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-08-16)】

 

最近の修理実例です。(2019-08-16up)

 

 
A)
before

 
トルコ旅行中に購入されたトルコランプ。
国内安全規格に適合するパーツに交換のご依頼です。

 
after

 

電球ソケット・プラグ・コード・スイッチ交換
旅の思い出が蘇りました。

 
 
 

 
 
 
B)
before

 
海外在住時に使用されていたそうですが、
配線もボロボロソケット内もさび付いて現在は使用できない状態。
使用できるようにとのご依頼。

 
after

 
電球ソケット部分でのスイッチON/OFFは出来なくなるので、中間スイッチを付けましたが、
デザイン上、電球ソケット部分のスイッチを外すわけにはいかないので、
ネック内部でねじ止めしてダミースイッチとしました。
技術担当者「結構大変だった」
ご依頼主にも、大変喜んでいただきました。

 
 
 

 
 
 
C)
before

 
10年前にアンティークショップで購入された、お気に入りのランプ。
スイッチが破損。
この機会に、コードも交換してほしいとのご依頼。

 
after

 
電球ソケット部分は、B22(主に海外での使用)。
勿論、国内安全規格には適合していないため
国内規格のE17に交換をお勧めしましたが、
不具合が無ければ、このパーツを使用したいとのご希望。
安全性に不安がある旨をご説明・ご納得いただき、
通電検査・パーツ内部のメンテナンスを
施し、B22のままでの使用となりました。
コード・中間スイッチは交換。

 
 
 

 
 
 


↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

 
 
 

 
 
 

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-07-18)】

 

最近の修理実例です。(2019-07-18up)

 

 
A)
after

修理完了後の画像です。

 
しばらく前に、ショートして不点灯になったそうです。
電球ソケット・コード・スイッチ交換

 

お客様より
この度は本当に有難うございました。
違うお店に依頼したら無視されてしまい、無理なのかと諦めていました。
高価なものではありませんが、捨てるに捨てられず御社にお願いして、心から良かったと感謝しております。
またの機会がございましたら、宜しくお願いします。

 
 
 

 
 
 
B)

ヤマギワの大変立派なフロアスタンドのシェードをがボロボロ。
シェードの製作依頼。
同時に必要であれば、配線等の交換も。とのことでしたが、シェードが大きいので、お引き取りに伺ったときに、配線等を確認しましたが、特に問題ないようでしたので、この度は、シェード製作のみと致しました。
*フロアスタンド等、サイズが大きくて配送が困難な場合、お引き取りや配達に伺う事も可能ですが、配送費は別途頂きます。(引取・お届共に3000円~ 所要時間による)
 
before

 
修理前 経年劣化と度重なる転倒によりボロボロ。花の絵はご自分で張られたそうです。シェード製作にはかなりの費用がかかりますので、選択肢としてあるのでは。とご説明したところ。そういう問題ではありません。これが良いのです。とのことで、製作を承りました。

 
after

 
ほぼ、購入当時と遜色ないシェード完成。大変喜んでいただけて、コチラも嬉しいです。

 
 
 

 
 
 
C)
before

 
最近まで、お住まいだった香港からお持ち帰りになったお気に入りのテーブルランプ
国内使用へ変更ご依頼。
*差し込みプラグ・電球ソケット共に国内では私用できません。

 
after

 
完成です。

 
 
 

 
 
 
D)
before

 
イギリス在住時に使用してましたが、帰国後20年程放置していました。
復活させて下さい。とのご依頼。
*電球ソケット。コードの交換

 
after

 
復活しました。

 
 
 

 
 
 
E)
before

 
コチラも同様に20年間放置

 
after

 
右・左・両方と3段階に点灯する優れものです。

 
 
 

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

 
 
 
 

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-06-14)】

 

最近の修理実例です。(2019-06-14up)

 

 
A)
before

 
after

 
20年位前に国内で購入された、イタリア製シャンデリア。 電球ソケット部分から発火。プラスチック部分が焦げて解けていました。電球ソケットはE12のイタリア製がそのまま使用されていました。
E12はソケット部分が熱を持つことと、20年の歳月の為、でこの様な事も起こります。又、引掛けシーリング対応出なかったため、とりつけ・取り外しは電器屋さんに依頼されていましたが、フランジカップ部分を加工して、引掛けシーリング対応にしました。これで、又、電器屋さんに依頼されることなくご自分で簡単に取り付けが出来ます。

 
 
 

 
 
 
B)
before

 
ソケット破損・海外の物が付いてました。
ソケット・コード交換

 
after

 
 
 

 
 
 
C)
before

 
フランスの蚤の市でご購入された、素敵なテーブルランプ

 
after

 
コード・ソケットを国内安全規格に適合する
パーツに交換。
やはり、素敵です!

 
 
 

 
 
 
D)
before

 
当社HPオンラインショップにもページがあります、吉田キミコからの依頼品。
ソケット部分破損

 
after

 
コード・ソケットともに交換。

 
 
 

 
 
 
E)
before

 
某有名ブランドのフロアランプ。
シェードが大きいため、ぶつかるなどして数回倒し。ソケット
破損。フットスイッチも調子が悪かったようです。

 
after

 
ソケット・コード・フットスイッチ交換。
買い替えるには修理代の数十倍かかります。

 
 
 

 
 
 
F)
other


 

当社HPオンラインショップにもページがあります、吉田キミコからの依頼品。
アンティークテーブルランプ2点、不点灯のまま放置。
 
修理により、屋根裏部屋のアトリエも、さらに、素敵になりました。

 
 
 

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

 
 
 
 

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-05-20)】
 

最近の修理実例です。(2019-05-20up)

 

 
A)
before

フロアースタンド(鉄?金属性)上部のソケット部分がグラつく為シェ-ドが固定されず使用出来ません。以前家具屋で直してしばらくは良かったが又駄目になった。今回良く見ると中のネジのシンとソケット部分がくっついていない。
 

 
 
after

パイプ部分のネジを切り直して、ソケットを新しい物に交換。
フットスイッチをつけました。

 

 
B)
before

チェーンの紐を引っ張ってつけたり、消したりするランプになります。
紐を引っ張ってもつかなくまりました。
後、コードが古くなってきていますが取り替えなどは必要ですか?
一度みてほしいです。
とのご依頼です。

 

 
 
after

大変喜んで頂きました。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

 
 
 
 

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-11)】
 

最近の修理実例です。(2019-04-11up)

 

 
A)
before

ニュージーランドで購入し、近所の電器店にてコードを交換してもらい使用していたところ不点灯となったため、本格的に修理してしようしたいとの事でのご依頼。
ベッドサイドテーブル上で使用されるため、コードの長さや中間スイッチの位置、又、コードは黒、等とのご指定あり。
 

 
*コードだけ交換しても電球ソケット部分が海外のパーツなのでショートし易い。
 
 
after


 
現在国内安全規格に対応した部品に交換、完成です。
交換した電球ソケット部分は真鍮です。

 
 
 

B)
before

都内のアンティークショップで購入
引掛けシーリングのみでの使用が出来ないとのことで天井のローゼット型引掛けシーリングのネジ部に引掛けて使用しているが不安定な上見た目も悪い、しかも最近ショートして不点灯。引掛けシーリングのみでの使用は無理でも点灯するようにとのご依頼。

送られてきた現物を見て、まず驚いたのは照明を吊っているパイプが折れておりその部分をアルミの様なパイプで接いでありました。
これではいつ落下しても不思議がありません。。。

 

 
after

パイプに新たにねじを切り安全な形で接ぎました。これで、落下する事はありません。
次に、海外の電球ソケット、コードを国内安全規格に適合したパーツに交換、又、引掛けしーリングのみでの使用できるように加工。
どうでしょう。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

 
 
 
 

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-02)】
 

最近の修理実例です。(2019-04-02up)

 

 
A)
before

イギリスアンティークランプ:ショートし不点灯のまま長年放置。
イギリスの電球ソケット・コードのまま使用されていました。
ガラスシェードは割ってしまったそうです。
*ヨーロッパやアメリカのコードは内部のニクロム線が日本の物より
 細いため熱をもち、ショートしやすい。

 
after

現在国内安全規格に対応した     
電球ソケット・コード。スイッチに交換、完成です。
交換した電球ソケット部分は真鍮ですので
だんだん色合いもなじんできます。
 
フランスアンティークのガラスシェードもご購入頂きました。

 
 
 

B)
before

ヨーロッパアンティークランプ:海外での購入品 ショートし不点灯
お気に入りなので修理してでも使用したいためにご依頼。
 
電球ソケット部分劣化による破損が原因のショート *危険な状態
引掛けシーリング部分:ご自身で加工されたそうなのでランプ全体の荷重が
支えられないためワイヤーを追加して吊るしていたそうです。
コードもヨーロッパの物がそのまま使用されていました。 *危険です

 
after

コード・引掛けシーリング共に安全に使用できるように交換
ワイヤーを使用しなくてもランプ全体を支えられるようにしましたが
念のためにそのままワイヤーも付けておくことにしました。
復活です。

 
 
 

C)
before

国産のかなり古いウォールランプ2点:1点が不点灯になりこの機会に2点とも修理ご依頼
ご依頼主のご両親が家を建てられた時に取り付けたもので子供の時から慣れ親しんできているので修理して使用していきたいと思い、近所の電器店に相談したところ、修理できないといわれ新品への交換を勧められた。しかし、どうしてもこれが良いとのことでのご依頼。
 
電球ソケット部分は当時の安全規格には対応していたが劣化による破損・ショート
*ウォールランプはガラスのカバーがかかっていることが多く、劣化に気づきにくい

 
after

電球ソケット部分を陶器製の物に交換
内部コードも劣化しているため交換
元のお家の、元の場所で点灯します。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

 
 
 
 

【アンティーク照明の修理・加工 最新情報(2019/3/7 up)】

 

最近の修理実例です。(2019-03-07up)

 

 
before

 
after

 
アンティークのフロアライト電球ソケット部分がショートして点灯しないので修理して欲しいとのご依頼。
発送が困難であり、集荷・お届けもお願いしたいとのことでした。
埼玉県北部にて、修理代とは別に送料往復で16,000円+TAXを頂くことでお受けいたしました。
(*基本的に2,000円 / 1時間+TAXで片道1時間以内であれば伺う事も可能です。)
 
ショートしてしている電球ソケット部分とコードを交換、プルスイッチが壊れ再生不可の状態でしたのでコード部分にフットスイッチを付けて完成。
素敵なアンティークフロアライトの復活です。
 
 
 

before

 
after


 
フィリップス製の照明の修理ご依頼。
遠方の方の為、コード部分のみを宅急便で送っていただきました。
当初はショートしている電球ソケット部分とコードを交換する予定でしたが、画像丸内パーツが国産のコードに適用しないため、コードを熱検査と高電圧検査(300Vの電圧をかけての検査)を実施し安全性が確認できたため、オリジナルのコードを使用して完成。
 
 
 
 

【アンティーク照明の修理・加工 最新情報(2019/2/22 up)】

 

最近の修理実例です。

 

15年位前フランスの蚤の市で購入された照明。数年前にショート。廃棄するのも忍びないのでそのまま放置してありましたが、ご友人からの紹介で当アンティークディーラーズクラブに買取依頼がありました。

 

お安くではありましたが、買取りさせていただきました。

コード・電球ソケット等を国内規格に適合する部品に交換。
フランス製のアンティークガラスシェードを付けて完成。
蘇りました。
次のオーナーさんをお探しします。
 
 
 
 

【アンティーク照明の修理・加工 最新情報(2019/2/5 up)】

 

最近の修理実例です。

 

 
before

 
after

 
 
 

before

 
after

 
 
 

before

 
after

 
 
 
 

【アンティーク照明の修理・加工 最新情報(2019/1/25 up)】
 
照明修理加工のお問合せほぼ毎日頂いております。

 

先日は、同業者さんから9点のご依頼をお受けしました。
ご満足していただいたようで、こちらも嬉しいです。
一部画像です。

 
before

 
after

 
———————————————–
 
 
 

【アンティーク照明の修理・加工 (2018/4/20 up)】
 
東京都在住のB様より1960年代のヴィンテージフロアスタンドの修理の依頼が来ました。

2年位前にアンティークショップで購入され、最近まで使用されていたそうですが急に点灯しなくなったとの事。

先ずは、メールにて画像を送って頂きました。

大変素敵なフロアスタンドなので修理してご使用になる価値があることをお伝えし

たところ、修理のご依頼を受けました。

早速、お住まいにお伺いして確認させていただいたところ、思っていた通り

配線コードも電球装着部分のソケットもアメリカ製のままでのご購入・ご使用

でした。(このような状態での使用は大変危険です。下記の参照)

直接の原因は本体上部についているスイッチの故障ですが、コード部分のビニール

の劣化も見受けられましたので、ご相談の上ソケット・コードともおとりかえし、

又、スイッチ自体は修理が不可能でしたのでコード部分にフットスイッチをお付け

しました。

仕上がり状態に大変満足していただきました。

B様 ありがとうございました。


 

 

 
———————————————–
 

 

 

*日本の電流はアメリカ・ヨーロッパより多く流れているため、それらの国の物よりに電気コードのニクロム線が太く(ニクロム線の本数が多い)なっています。そのためアメリカ・ヨーロッパの電気コードが付属した照明器具を国内で使用すると、発火などの事故につながる恐れがあります。又、電気コードは古くなるとビニール部分の硬化による劣化が原因でショートする可能性が高くなります。
海外製やアンティーク・ヴィンテージの照明に関しましてはこの点をご注意ください。

但し、適切に修理・加工された物に関しましては、ご心配いりません。

 

 

TheMoonでは、アンティーク・海外製照明の修理・加工及び買取も行っております。

            お気軽にお問い合わせください

 

 


 ↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
 ぜひご覧ください。
 
 
 
もちろんアンティーク家具の修理加工も行います。

お気軽にお問い合わせください
 
 

 ↑↑↑ アンティーク家具他の買取も行います。
 詳細はご確認ください。

 
 
 
お問い合わせはこちらから。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)

お電話番号

お問い合せ内容

写真がございましたら下の「ファイルを選択」を押して、添付ください。
(1枚1M程度の画像でお送りください。)

大人気のMoonLamp

 

大人気のレトロスタイル照明

先日、東京有明で開催されたインテリアの展示会Montageに出展致しました。
来場者はインテリアショップのバイヤー様や建築デザイン会社の方々が中心でしたが、その中で
一番人気が、レトロスタイル照明 MoonLampでした。
MoonLampは1960年代をイメージした、レトロモダン をコンセプトにデザインし、又、素材のほとんどの部分に無垢の真鍮を使用し、あえて表面コーティングをせずに経年変化を楽しめる様に製作しています。

色々な インテリアシーンに合わせることが出来、おしゃれで落ち着きのある空間を創り出します。

http://products.themoon1969.com/?mode=cate&cbid=2120864&csid=0

The Moon神楽坂出張所にてご商談

 

 

 

 

 

 

 

 

The Moon神楽坂出張所にて、只今、ご自宅をリノベーション中のK様、SOZO FACTORY(建築業者様)のコーディネーター丸山様と私で、 K様邸の玄関、リビング、ダイニングスペースの照明をご一緒に選びました。

K様に事前にカタログをお渡ししてありましたので、その中からご覧になりたいガラスシェードをご用意しての商談となりました。その結果6点の照明をお決めくださりました。K様、丸山様ありがとうございました。

出張所といいましても 茶店x洋食ORihonさん店内ですのでK様、丸山様はランチを食べながらという感じで

和やかにお話が進みました。

事務所やSHOP内での商談ではなくこのようなスタイルを今後も進めていきたいと思っています。

来年には吉祥寺近辺にも1~2か所拠点を設ける予定です。詳しいことが決まり次第お知らせ致します。

 

セシル エリュアール さん

神楽坂にあるスイーツショップ、
セシル エリュアール さんにて、
The Moonの照明を採用していただきました。

 

大人気のパテシエ 鈴木祥仁さん のお店
おそらく日本一美味しいスイーツ。

 

今のお勧めは クリスマスプディング!
極上の味です。

The Moon 神楽坂出張所 開設しました。

 

神楽坂 茶店&洋食ORihonさん にてThe Moonのステンドガラスやアンティークランプが購入できます。

 

又、照明に関すること以外にも店舗・住宅のアンティークな空間創りについてや、アンティーク家具の修理和洋アンティークの買取り等に関するご相談もお受け致します。

 

展示品のご購入は ご予約制 となります。

 

お問い合せは、コンタクトページのお問い合わせフォームよりどうぞ。

京都の穴場

穴場=外国人観光客はまず来ない の意味です


蚕ノ社 正式名称は木島坐天照御魂神社 京福電鉄 蚕ノ社駅
三つの鳥居が交差した神の世界と通じると思われる謎の空間がある神社。
訪れるのは夕暮れ時がお勧め。誰もいない薄暗い中で神の世界の入り口が開くのを待つのも良いのでは。


その昔、この石室内に無数のへびが住み着いていたことから 蛇塚古墳 という名がついた。
インディージョーンズにもそのようなシーンがあった。

蛇塚古墳 京福電鉄 帷子ノ辻駅
住宅地の真ん中にある京都隋一の古墳。元は前方後円墳 現在は周りを覆っていた土が剥がれて巨石がむき出しになっている。
金網フェンスで囲われているが、古墳管理事務所という看板がある お宅(普通の家)の方が管理をされているので声をかければ
フェンスの中=古墳の中に入れてもらえる。但し、ご不在時は不可

周りの住宅とのミスマッチが何とも言えません。


蛇塚古墳の帰りはやはり 大魔神 を見学せねば。

画家 吉田キミコのアトリエ

The Moonでは、2018年1月より画家 吉田キミコの絵画をWebShopにて販売予定です。(ご購入希望の方を吉田キミコのアトリエにご案内し、実際に実物の絵画を見ていただくことも出来るようになります。)

 

また今後は、吉田キミコ アンティークコレクションの、販売等の企画も行う予定です。
ぜひご期待ください!

FacebookTwitterInstagram