お問い合せ
マイアカウントカートを見る
YESTERDAY WAS DRAMATIC, TODAY IS OK.
The Moonスタッフよりオススメのインテリアや日々のあれこれ

西洋骨董*買い付け*見聞録*15

永らくお休みを頂いておりました、店主ブログ 再開することにしました。
私の 店主ブログ のファンと称する方から、下記の様な激励を頂き、まさに背中を押されるように再開に至ったわけです。
 
 
ファンの方からの激励文
「ワレ。何さらしとんじゃ!わしはな、ワレのブログのファンや。前のから随分間あかしとるやん?早う次書かんかい! アホ・ボケ   よろしゅうな。熱烈なファンより。」
 
という事で、震える手でキーボードをたたいております。
 
 
買付け談話に少し飽きてきたと思いますので、今回から数回は、私がシドニーでぶらぶらしていた頃の 見聞録 となります。
 
1982年 私は、シドニーのボンダイビーチから丘上に伸びるフランシスSTにカナダ人のグレッグ・同じくカナダ人デイブとニュージーランド人デビーのカップル・そして私の4人でシェアをしていた。ボンダイビーチまでは歩いて1分位。サーファーとまではいかない私とデイブも波の低い日は、波乗りをしたりもしていた。(波の高い日はロコのサーファーから今日はお前たちには危険だと言われ、入らせてもらえなかった。おそらく 邪魔という事だろう。)
 
職場は、ノースシドニーに在った タワーフレンチ。ボンダイビーチ沿いのバス停から バスに乗り、ボンダイジャンクション➡ピットストリート➡ノースシドニー。
11AM~11PM 完全なブラック!とはいえ、飲食は自由(11PMにはスタッフ全員が出来上がっていた)。3PM~7PMは自由なので、YMCのジムに行ったり、ヨガ・英語クラス(移民用なので無料、移民でもないのに何故入れたのか?記憶なし)。にも通っていた。
 
又、土曜日の閉店後は、ボス・スタッフ数名・スタッフの友人でシドニーのハーバー近くの倉庫街にあった ベイスメント という洒落たジャズクラブにボスの車とスティーブのバイク2人乗りで繰り出すというのが何となくの決まりであった。ボスの奢りは勿論、帰りのタクシー代まで出してくれるという大判振る舞い。まあ。意外とホワイトか!
 
このジャズクラブは、当時としてはかなりクールだった。外見はぼろい倉庫、入り口も普通の鉄扉。鉄扉を開けると、ゴリラの様なセキュリティスタッフがいてその奥にこれまた小さな、受付。入場料を払いその奥にあるやはり鉄扉から店内に入る。店内は2フロアで2階は食事メイン、1階はバーメイン。ステージは1階にあり2階からも見えるようになっていたと記憶する。タワーフレンチに以前いたスタッフが、何故だかはわからないが、この店では いわゆる 顔 であったので、我々も入場料無料・常に良い席を確保してもらっていた。
 
今思い出すと 何故 となってしまう。いつも好待遇の私たちに興味を持ったのか?
 
店の看板シンガーである ココ(ニューヨークから来ていた黒人ジャズシンガー)がステージの合間に、我々のテーブルに来て一緒に酒を飲むという事も。度々あった。
 
東京に興味があるというココが東京や日本の事を、私に尋ねてくることもよくあったが、ココの英語は非常にアクセントが強く、私の英語力では、ほぼ理解できず、英語はネイティブに話せるはずのボス(フランス人)に 「なんだって?」と聞いてはみたものの「俺にもわからん」であった。その場合、オージーのスティーブかダイアナが 通訳? をしてくれた。
英語➡英語 ややこしい。
 
 
続く

アンティーク照明の修理実例です。(2019-08-16)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-08-16)】

 

最近の修理実例です。(2019-08-16up)

 

 
A)
before

 
トルコ旅行中に購入されたトルコランプ。
国内安全規格に適合するパーツに交換のご依頼です。

 
after

 

電球ソケット・プラグ・コード・スイッチ交換
旅の思い出が蘇りました。

 
 
 

 
 
 
B)
before

 
海外在住時に使用されていたそうですが、
配線もボロボロソケット内もさび付いて現在は使用できない状態。
使用できるようにとのご依頼。

 
after

 
電球ソケット部分でのスイッチON/OFFは出来なくなるので、中間スイッチを付けましたが、
デザイン上、電球ソケット部分のスイッチを外すわけにはいかないので、
ネック内部でねじ止めしてダミースイッチとしました。
技術担当者「結構大変だった」
ご依頼主にも、大変喜んでいただきました。

 
 
 

 
 
 
C)
before

 
10年前にアンティークショップで購入された、お気に入りのランプ。
スイッチが破損。
この機会に、コードも交換してほしいとのご依頼。

 
after

 
電球ソケット部分は、B22(主に海外での使用)。
勿論、国内安全規格には適合していないため
国内規格のE17に交換をお勧めしましたが、
不具合が無ければ、このパーツを使用したいとのご希望。
安全性に不安がある旨をご説明・ご納得いただき、
通電検査・パーツ内部のメンテナンスを
施し、B22のままでの使用となりました。
コード・中間スイッチは交換。

 
 
 

 
 
 


↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

アンティーク家具などの修理も行っています。(2019-07-18)

【アンティーク家具の修理実例です。(2019-07-18)】

 
 
最近の修理実例です。(2019-07-18up)
(1枚目が修理前、2枚目が修理後です)
 
 

1:スペインのとても古いテーブル天板の穴埋め修理

 
 
2:リプロダクションのローテーブル塗り直し(薄緑色のものを上品な白色に塗り直し)

 
 
3:ダイニングチェアの木部修理と座の張り直し

 
 
4:イギリスのグレーチングの錆落としと仕上げ

 
 
5:ヴィクトリアンチェアの背もたれの折れ修理

 
 
6:イタリアンサイドボードの鍵穴周辺の修理

 
 
7:グランドマザークロックのガラス修理

 
 
8:和ダンスの仕上げ修理

 
 
9:フランスの建具修理

 
 
10:人形の脚の製作と仕上げ


 
 

アンティーク照明の修理実例です。(2019-07-18)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-07-18)】

 

最近の修理実例です。(2019-07-18up)

 

 
A)
after

修理完了後の画像です。

 
しばらく前に、ショートして不点灯になったそうです。
電球ソケット・コード・スイッチ交換

 

お客様より
この度は本当に有難うございました。
違うお店に依頼したら無視されてしまい、無理なのかと諦めていました。
高価なものではありませんが、捨てるに捨てられず御社にお願いして、心から良かったと感謝しております。
またの機会がございましたら、宜しくお願いします。

 
 
 

 
 
 
B)

ヤマギワの大変立派なフロアスタンドのシェードをがボロボロ。
シェードの製作依頼。
同時に必要であれば、配線等の交換も。とのことでしたが、シェードが大きいので、お引き取りに伺ったときに、配線等を確認しましたが、特に問題ないようでしたので、この度は、シェード製作のみと致しました。
*フロアスタンド等、サイズが大きくて配送が困難な場合、お引き取りや配達に伺う事も可能ですが、配送費は別途頂きます。(引取・お届共に3000円~ 所要時間による)
 
before

 
修理前 経年劣化と度重なる転倒によりボロボロ。花の絵はご自分で張られたそうです。シェード製作にはかなりの費用がかかりますので、選択肢としてあるのでは。とご説明したところ。そういう問題ではありません。これが良いのです。とのことで、製作を承りました。

 
after

 
ほぼ、購入当時と遜色ないシェード完成。大変喜んでいただけて、コチラも嬉しいです。

 
 
 

 
 
 
C)
before

 
最近まで、お住まいだった香港からお持ち帰りになったお気に入りのテーブルランプ
国内使用へ変更ご依頼。
*差し込みプラグ・電球ソケット共に国内では私用できません。

 
after

 
完成です。

 
 
 

 
 
 
D)
before

 
イギリス在住時に使用してましたが、帰国後20年程放置していました。
復活させて下さい。とのご依頼。
*電球ソケット。コードの交換

 
after

 
復活しました。

 
 
 

 
 
 
E)
before

 
コチラも同様に20年間放置

 
after

 
右・左・両方と3段階に点灯する優れものです。

 
 
 

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

アンティーク照明の修理実例動画アップしました!(2019-07-09)

今回は「アンティーク照明の危険なパーツ類 2」です!

 
アンティーク照明の危険なパーツ類のお話です。
点灯はしても、危険です。修理の必要がある場合もありますので、
気になった方は アンティーク・ヴィンテージ照明-修理&買取専門ページの「修理ご依頼フォーム」 などからお問合せください。

 
 
 
アンティーク照明&雑貨買取実例

 
 

 
 


↑↑↑ また、こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
こちらも合わせてご覧ください。

アンティーク照明の修理実例動画アップしました!(2019-06-24)

アンティーク照明の修理実例動画アップしました!

 

今回は第一弾「アンティーク照明の危険なパーツ類 1」です!

 
アンティーク照明の危険なパーツ類のお話です。
点灯はしても、危険です。修理の必要がある場合もありますので、
気になった方は アンティーク・ヴィンテージ照明-修理&買取専門ページの「修理ご依頼フォーム」 などからお問合せください。

 
今後、続編をアップしていく予定です。
お楽しみに!

 
 
 
アンティーク照明&雑貨買取実例

 
 

 
 


↑↑↑ また、こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
こちらも合わせてご覧ください。

アンティーク照明の修理実例です。(2019-06-14)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-06-14)】

 

最近の修理実例です。(2019-06-14up)

 

 
A)
before

 
after

 
20年位前に国内で購入された、イタリア製シャンデリア。 電球ソケット部分から発火。プラスチック部分が焦げて解けていました。電球ソケットはE12のイタリア製がそのまま使用されていました。
E12はソケット部分が熱を持つことと、20年の歳月の為、でこの様な事も起こります。又、引掛けシーリング対応出なかったため、とりつけ・取り外しは電器屋さんに依頼されていましたが、フランジカップ部分を加工して、引掛けシーリング対応にしました。これで、又、電器屋さんに依頼されることなくご自分で簡単に取り付けが出来ます。

 
 
 

 
 
 
B)
before

 
ソケット破損・海外の物が付いてました。
ソケット・コード交換

 
after

 
 
 

 
 
 
C)
before

 
フランスの蚤の市でご購入された、素敵なテーブルランプ

 
after

 
コード・ソケットを国内安全規格に適合する
パーツに交換。
やはり、素敵です!

 
 
 

 
 
 
D)
before

 
当社HPオンラインショップにもページがあります、吉田キミコからの依頼品。
ソケット部分破損

 
after

 
コード・ソケットともに交換。

 
 
 

 
 
 
E)
before

 
某有名ブランドのフロアランプ。
シェードが大きいため、ぶつかるなどして数回倒し。ソケット
破損。フットスイッチも調子が悪かったようです。

 
after

 
ソケット・コード・フットスイッチ交換。
買い替えるには修理代の数十倍かかります。

 
 
 

 
 
 
F)
other


 

当社HPオンラインショップにもページがあります、吉田キミコからの依頼品。
アンティークテーブルランプ2点、不点灯のまま放置。
 
修理により、屋根裏部屋のアトリエも、さらに、素敵になりました。

 
 
 

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

西洋骨董*買い付け*見聞録*14

パイン材家具 後半
 
イエスタデイパインの家具が入荷したのはそれから3か月位であったと記憶している。

 
品質は中の上・デザインは上の中・価格はお買い得価格となれば、当然売れるわけで一か月もたたずにカップボード・テーブル・チェア・チェスト等々、約100点あまりがほぼ完売となり、自らがイギリスまで商談に出向いたと豪語していた御大将も大喜びで直ぐに追加発注をするようにと、指示してきた。売れ筋や設定価格も大方分かったのでこれで、パインの家具に関しては安泰だなと、一安心であった。
 
早速、20Fコンテナ分(約100点)のテーブルやチェストなどの体積を計算してコンテナに無駄なスペースがないようにアイテムと個数を決めていくという作業に掛かった。
ご存知と思うがコンテナに10点積んでも100点積んでも海上料金などの経費は同額であるので出来るだけ積んだ方が、利益率が高くなるのだ。
 
又、実際に販売してみた中で分かった、デザイン・サイズ等の改良点も洗い出し、先方に伝える必要もある。作成した発注書を、イエスタデイパインとスチュアートにFAXにて送信。
しばらくの間、それに関しての連絡は、イエスタデイパイン・スチュアート共になし。
特に気にもしていなかったが、発注後、2週間位経ってから、スチュアートから電話が入った。
 
 
「イエスタデイパインが税金がらみのトラブルで倒産しました。」
 
 
「え。嘘。本当。」ガ~~~ン!!!!!
 
 
ビールを飲みながら1969年ウッドストック最高のギタリストJHについての裏話を聞いたり、秘蔵の写真を見せてもらったり…等々。俺の、俺の・・・どうしてくれる!!!
 
 
パイン家具その後に続く

アンティーク照明の修理実例です。(2019-05-20)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-05-20)】
 

最近の修理実例です。(2019-05-20up)

 

 
A)
before

フロアースタンド(鉄?金属性)上部のソケット部分がグラつく為シェ-ドが固定されず使用出来ません。以前家具屋で直してしばらくは良かったが又駄目になった。今回良く見ると中のネジのシンとソケット部分がくっついていない。
 

 
 
after

パイプ部分のネジを切り直して、ソケットを新しい物に交換。
フットスイッチをつけました。

 

 
B)
before

チェーンの紐を引っ張ってつけたり、消したりするランプになります。
紐を引っ張ってもつかなくまりました。
後、コードが古くなってきていますが取り替えなどは必要ですか?
一度みてほしいです。
とのご依頼です。
 

 
 
after

大変喜んで頂きました。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-11)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-11)】
 

最近の修理実例です。(2019-04-11up)

 

 
A)
before

ニュージーランドで購入し、近所の電器店にてコードを交換してもらい使用していたところ不点灯となったため、本格的に修理してしようしたいとの事でのご依頼。
ベッドサイドテーブル上で使用されるため、コードの長さや中間スイッチの位置、又、コードは黒、等とのご指定あり。
 

 
*コードだけ交換しても電球ソケット部分が海外のパーツなのでショートし易い。
 
 
after


 
現在国内安全規格に対応した部品に交換、完成です。
交換した電球ソケット部分は真鍮です。

 
 
 

B)
before

都内のアンティークショップで購入
引掛けシーリングのみでの使用が出来ないとのことで天井のローゼット型引掛けシーリングのネジ部に引掛けて使用しているが不安定な上見た目も悪い、しかも最近ショートして不点灯。引掛けシーリングのみでの使用は無理でも点灯するようにとのご依頼。

送られてきた現物を見て、まず驚いたのは照明を吊っているパイプが折れておりその部分をアルミの様なパイプで接いでありました。
これではいつ落下しても不思議がありません。。。

 

 
after

パイプに新たにねじを切り安全な形で接ぎました。これで、落下する事はありません。
次に、海外の電球ソケット、コードを国内安全規格に適合したパーツに交換、又、引掛けしーリングのみでの使用できるように加工。
どうでしょう。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

FacebookTwitterInstagram