お問い合せ
マイアカウントカートを見る
YESTERDAY WAS DRAMATIC, TODAY IS OK.
The Moonスタッフよりオススメのインテリアや日々のあれこれ

アンティーク照明の修理実例です。(2019-06-14)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-06-14)】

 

最近の修理実例です。(2019-06-14up)

 

 
A)
before

 
after

 
20年位前に国内で購入された、イタリア製シャンデリア。 電球ソケット部分から発火。プラスチック部分が焦げて解けていました。電球ソケットはE12のイタリア製がそのまま使用されていました。
E12はソケット部分が熱を持つことと、20年の歳月の為、でこの様な事も起こります。又、引掛けシーリング対応出なかったため、とりつけ・取り外しは電器屋さんに依頼されていましたが、フランジカップ部分を加工して、引掛けシーリング対応にしました。これで、又、電器屋さんに依頼されることなくご自分で簡単に取り付けが出来ます。

 
 
 

 
 
 
B)
before

 
ソケット破損・海外の物が付いてました。
ソケット・コード交換

 
after

 
 
 

 
 
 
C)
before

 
フランスの蚤の市でご購入された、素敵なテーブルランプ

 
after

 
コード・ソケットを国内安全規格に適合する
パーツに交換。
やはり、素敵です!

 
 
 

 
 
 
D)
before

 
当社HPオンラインショップにもページがあります、吉田キミコからの依頼品。
ソケット部分破損

 
after

 
コード・ソケットともに交換。

 
 
 

 
 
 
E)
before

 
某有名ブランドのフロアランプ。
シェードが大きいため、ぶつかるなどして数回倒し。ソケット
破損。フットスイッチも調子が悪かったようです。

 
after

 
ソケット・コード・フットスイッチ交換。
買い替えるには修理代の数十倍かかります。

 
 
 

 
 
 
F)
other


 

当社HPオンラインショップにもページがあります、吉田キミコからの依頼品。
アンティークテーブルランプ2点、不点灯のまま放置。
 
修理により、屋根裏部屋のアトリエも、さらに、素敵になりました。

 
 
 

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

西洋骨董*買い付け*見聞録*14

パイン材家具 後半
 
イエスタデイパインの家具が入荷したのはそれから3か月位であったと記憶している。

 
品質は中の上・デザインは上の中・価格はお買い得価格となれば、当然売れるわけで一か月もたたずにカップボード・テーブル・チェア・チェスト等々、約100点あまりがほぼ完売となり、自らがイギリスまで商談に出向いたと豪語していた御大将も大喜びで直ぐに追加発注をするようにと、指示してきた。売れ筋や設定価格も大方分かったのでこれで、パインの家具に関しては安泰だなと、一安心であった。
 
早速、20Fコンテナ分(約100点)のテーブルやチェストなどの体積を計算してコンテナに無駄なスペースがないようにアイテムと個数を決めていくという作業に掛かった。
ご存知と思うがコンテナに10点積んでも100点積んでも海上料金などの経費は同額であるので出来るだけ積んだ方が、利益率が高くなるのだ。
 
又、実際に販売してみた中で分かった、デザイン・サイズ等の改良点も洗い出し、先方に伝える必要もある。作成した発注書を、イエスタデイパインとスチュアートにFAXにて送信。
しばらくの間、それに関しての連絡は、イエスタデイパイン・スチュアート共になし。
特に気にもしていなかったが、発注後、2週間位経ってから、スチュアートから電話が入った。
 
 
「イエスタデイパインが税金がらみのトラブルで倒産しました。」
 
 
「え。嘘。本当。」ガ~~~ン!!!!!
 
 
ビールを飲みながら1969年ウッドストック最高のギタリストJHについての裏話を聞いたり、秘蔵の写真を見せてもらったり…等々。俺の、俺の・・・どうしてくれる!!!
 
 
パイン家具その後に続く

アンティーク照明の修理実例です。(2019-05-20)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-05-20)】
 

最近の修理実例です。(2019-05-20up)

 

 
A)
before

フロアースタンド(鉄?金属性)上部のソケット部分がグラつく為シェ-ドが固定されず使用出来ません。以前家具屋で直してしばらくは良かったが又駄目になった。今回良く見ると中のネジのシンとソケット部分がくっついていない。
 

 
 
after

パイプ部分のネジを切り直して、ソケットを新しい物に交換。
フットスイッチをつけました。

 

 
B)
before

チェーンの紐を引っ張ってつけたり、消したりするランプになります。
紐を引っ張ってもつかなくまりました。
後、コードが古くなってきていますが取り替えなどは必要ですか?
一度みてほしいです。
とのご依頼です。
 

 
 
after

大変喜んで頂きました。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-11)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-11)】
 

最近の修理実例です。(2019-04-11up)

 

 
A)
before

ニュージーランドで購入し、近所の電器店にてコードを交換してもらい使用していたところ不点灯となったため、本格的に修理してしようしたいとの事でのご依頼。
ベッドサイドテーブル上で使用されるため、コードの長さや中間スイッチの位置、又、コードは黒、等とのご指定あり。
 

 
*コードだけ交換しても電球ソケット部分が海外のパーツなのでショートし易い。
 
 
after


 
現在国内安全規格に対応した部品に交換、完成です。
交換した電球ソケット部分は真鍮です。

 
 
 

B)
before

都内のアンティークショップで購入
引掛けシーリングのみでの使用が出来ないとのことで天井のローゼット型引掛けシーリングのネジ部に引掛けて使用しているが不安定な上見た目も悪い、しかも最近ショートして不点灯。引掛けシーリングのみでの使用は無理でも点灯するようにとのご依頼。

送られてきた現物を見て、まず驚いたのは照明を吊っているパイプが折れておりその部分をアルミの様なパイプで接いでありました。
これではいつ落下しても不思議がありません。。。

 

 
after

パイプに新たにねじを切り安全な形で接ぎました。これで、落下する事はありません。
次に、海外の電球ソケット、コードを国内安全規格に適合したパーツに交換、又、引掛けしーリングのみでの使用できるように加工。
どうでしょう。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-02)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-04-02)】
 

最近の修理実例です。(2019-04-02up)

 

 
A)
before

イギリスアンティークランプ:ショートし不点灯のまま長年放置。
イギリスの電球ソケット・コードのまま使用されていました。
ガラスシェードは割ってしまったそうです。
*ヨーロッパやアメリカのコードは内部のニクロム線が日本の物より
 細いため熱をもち、ショートしやすい。

 
after

現在国内安全規格に対応した     
電球ソケット・コード。スイッチに交換、完成です。
交換した電球ソケット部分は真鍮ですので
だんだん色合いもなじんできます。
 
フランスアンティークのガラスシェードもご購入頂きました。

 
 
 

B)
before

ヨーロッパアンティークランプ:海外での購入品 ショートし不点灯
お気に入りなので修理してでも使用したいためにご依頼。
 
電球ソケット部分劣化による破損が原因のショート *危険な状態
引掛けシーリング部分:ご自身で加工されたそうなのでランプ全体の荷重が
支えられないためワイヤーを追加して吊るしていたそうです。
コードもヨーロッパの物がそのまま使用されていました。 *危険です

 
after

コード・引掛けシーリング共に安全に使用できるように交換
ワイヤーを使用しなくてもランプ全体を支えられるようにしましたが
念のためにそのままワイヤーも付けておくことにしました。
復活です。

 
 
 

C)
before

国産のかなり古いウォールランプ2点:1点が不点灯になりこの機会に2点とも修理ご依頼
ご依頼主のご両親が家を建てられた時に取り付けたもので子供の時から慣れ親しんできているので修理して使用していきたいと思い、近所の電器店に相談したところ、修理できないといわれ新品への交換を勧められた。しかし、どうしてもこれが良いとのことでのご依頼。
 
電球ソケット部分は当時の安全規格には対応していたが劣化による破損・ショート
*ウォールランプはガラスのカバーがかかっていることが多く、劣化に気づきにくい

 
after

電球ソケット部分を陶器製の物に交換
内部コードも劣化しているため交換
元のお家の、元の場所で点灯します。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

西洋骨董*買い付け*見聞録*13

パイン材家具 中半
 
イエスタデイパイン訪問の事を、我らが御大将 社長 に報告したところ、俺も行くとなった。

 

私と他のスタッフは先にイギリス入りしてアンティークの買い付けを終えたタイミングで御大将が現地入りして一緒に イエスタデイパイン を訪問とのスケジュールになったのだが、我らが御大将は実にわがままなため、ロンドンでのホテルは自身で選択してもらうことにした。

 

というのは、前回買い付けにの一部に同行した 御大将 はそこでもわがままぶりを発揮し、非常に面倒くさかったためである。ロンドン市内のごく普通のホテルに宿泊中の私・スタッフ1名と合流した御大将であるが、翌日には、ベットの硬さが気に入らないとか、枕が何たらと言い出し、そのホテルを自分だけチェックアウトして他のホテルに移ってしまったのである。なんやかんや言い訳をしていたが、要するに わがまま なのだ。

 

とは言っても我々にも問題がなかったわけではない。御大将がホテルに到着するであろう時刻にホテルの受付の前で 御大将 を待ち伏せし(その頃は携帯がまだ一般的でなく、この様な場合は待つ・探す以外に方法がなかった)そのまま、高級な韓国レストランに連れて行き心行くまで焼肉を食した。御大将はほとんど食べていなかったと思うが 私30歳・スタッフ20代後半 高級なカルビ・・・等々 いくらでもいただけるのは当然であろう、しかも、遠慮 の文字が辞書にない2人はとにかく食べまくり・飲みまくった。

 
因みに、御大将は酒を飲まないため、おいおいまだ飲むのか!とかブツブツ言っていたが当然無視である。お勘定はどうだったか、10万円は超えていなかったであろう。

 
そして翌日は、ドレスコードとまではいかないがジャケット&ネクタイはしてないと入れてもらえない老舗のシーフードレストランにも行った。ここは、20代後半のスタッフがロブスターが食べたいと言い出しスチュアートに尋ねると、この老舗レストラン が良いだろうとなり、4人で行ったのであるが、サービスやインテリアは素晴らしいのは当然であるが、お値段に対しての 味 はイマ3 であった。3分の1のお値段ならと思うような味である。お値段・・・?勿論、4人なので10万円では収まらない。
 
御大将のわがまま話はこれ位にして、そろそろ本題に入ろう。
 
 
イエスタデイパインの工場兼事務所はロンドン郊外の山間の村にあった。おそらく車で1時間ぐらいだったと思う。御大将はスチュアートと共に、私とスタッフは、はっきりは覚えていないが、レンタカーで他所を数か所回ったのち現地で合流だったように記憶している。
 
イエスタデイパインの工場兼事務所は古い教会を使用しており、外観だけでも我々の期待は高まった。そして、商品を前に商談の開始。価格と品質のバランス、日本サイズへの変更JubileeMarketのオリジナルデザインの製作、注文からコンテナ積み込みまでの日数、支払に関して・・・・等々。双方が満足いく商談がまとまり、1時間ぐらいの内におおよその発注アイテムと数量を私が算出するとなったため、イエスタデイパインの社長と私が打ち合わせを始めたのだが、他の3人は特にすることが無く、それほど広くない工場見学も直ぐに終わり、予想通り、退屈した わがまま御大将 が近くの町にでも行こうといい出し、一人仕事をしている私を残して3人で何処かに行ってしまい、これまた予想通りしばらく帰ってこなかったのである。
 
打ち合わせが終わった私とイエスタデイパインの社長(今後H氏と表記)は3人が戻ってくるまで、色々な話をした、勿論、全内容などは記憶してないが、一つだけ驚いたことがあった。
H氏が家具製作の会社を始めたのはごく最近でその前は、全く違う仕事をしていたという事であった。その仕事はロックグループの ロードマネージャーだ だったという。
 
*私は詳しくないが、コンサートツアーの段取りなどを行うとの事。
 
そして、10代の頃よく聴いた あの、あのグループの ロードマネージャーもしていたという。
 
*諸事情があり名は伏せるが、1696年のウッドストックにて伝説のパフォーマンスを行った、あのギタリスト率いるグループである。
 
私は、驚き・喜び・興奮して、次回来訪時にH氏の自宅に行き、当時の写真などを見ながら、裏話を聞かせてもらうという 最重要ミッション と思われる約束を強引に交わしたのである。
丁度その頃、何やら満足げな御大将たちが戻り、「終わった、どう、完璧」と言ってきたので、私も「はい。完璧です」と答えたのだが、私の言う 完璧 とは 最重要ミッション の事を示しているのは言うまでもないことであろう。
 
 
後半に続く

アンティーク照明の修理実例です。(2019-03-07)

【アンティーク照明の修理実例です。(2019-03-07)】

 

最近の修理実例です。(2019-03-07up)

 

 
before

 
after

 
アンティークのフロアライト電球ソケット部分がショートして点灯しないので修理して欲しいとのご依頼。
発送が困難であり、集荷・お届けもお願いしたいとのことでした。
埼玉県北部にて、修理代とは別に送料往復で16,000円+TAXを頂くことでお受けいたしました。
(*基本的に2,000円 / 1時間+TAXで片道1時間以内であれば伺う事も可能です。)
 
ショートしてしている電球ソケット部分とコードを交換、プルスイッチが壊れ再生不可の状態でしたのでコード部分にフットスイッチを付けて完成。
素敵なアンティークフロアライトの復活です。
 
 
 

before

 
after


 
フィリップス製の照明の修理ご依頼。
遠方の方の為、コード部分のみを宅急便で送っていただきました。
当初はショートしている電球ソケット部分とコードを交換する予定でしたが、画像丸内パーツが国産のコードに適用しないため、コードを熱検査と高電圧検査(300Vの電圧をかけての検査)を実施し安全性が確認できたため、オリジナルのコードを使用して完成。

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

西洋骨董*買い付け*見聞録*12

パイン材家具
 
私の所属していた吉祥寺のインテリアショップ MIYAKE が1991年3月3日に OPEN した Jubileemarket は、イギリスアンティーク家具・アンティーク雑貨・直輸入雑貨・リプロダクションパイン家具・英国家具オールドチャーム・・・・など。を扱うイギリススタイルのアンティークショップとのコンセプトでスタートした。
 
故に、1990年秋ごろから本格的に商品集めが開始したため、私は、2週間イギリス・2週間吉祥寺・又、2週間イギリス・2週間吉祥寺…続く。と、常に時差ぼけの生活をしばらくしていた。結構きつかったように記憶している。
(*ちなみにJubileeMarket は私の命名。)
 
1989年から始めたアンティークの買い付けもその頃にはある程度慣れてきていたので順調であったが、思うように進まなかったのが リプロダクションパイン家具 の仕入れ先の確保であった。
(*リプロダクションパイン家具:この場合1850年~1900年のビクトリアンスタイルのパイン家具を再現して製造されている家具の事。)
 
相棒のスチュアートと共に情報を入手してはその会社を訪問してみるのではあるが、価格や品質等々、コチラが望む商品を見つけることが出来なかった。
しかし、ある日、いつものようにイギリスのインテリア雑誌の広告欄をチェックしていると イエスタデイパイン と何とも響きの良い リプロダクションパイン家具メーカー の広告を見つけた。
 
早速、スチュアートに連絡を取ってもらったところ、日本には輸出したことは無いが、大いに興味があるとの返答を得た。
日本に輸出したことが無いという事は、コチラにとってはとても良い事である。
直ぐに訪問することを告げた。
(*インターネットが無かったこの時代、現地のインテリア雑誌の広告欄や記事内のショップ・メーカーの中からコレはと思うところに、「当社は東京でインテリアショップを数店運営しており、又、卸も展開していく予定であり、御社の製品に非常に興味があるのでカタログを送って頂きたい。」と片っ端から FAX を送ってカタログを入手して取引を開始する事も多くあった。)
 
 
イエスタデイパイン訪問 続く

アンティーク照明の買取実例です。

15年位前フランスの蚤の市で購入された照明。数年前にショート。廃棄するのも忍びないのでそのまま放置してありましたが、ご友人からの紹介で当アンティークディーラーズクラブに買取依頼がありました。

 

お安くではありましたが、買取りさせていただきました。

コード・電球ソケット等を国内規格に適合する部品に交換。
フランス製のアンティークガラスシェードを付けて完成。
蘇りました。
次のオーナーさんをお探しします。

アンティーク照明の修理実例です。

【アンティーク照明の修理実例です。】

 

最近の修理実例です。

 

 
before

 
after

 
 
 

before

 
after

 
 
 

before

 
after

 
 
 
 

↑↑↑ こちらにアンティーク・ヴィンテージ照明 修理&買取の詳細があります。
ぜひご覧ください。

FacebookTwitterInstagram